一般社団法人十和田奥入瀬観光機構 様

業種/職種DMO/マーケティング


一般社団法人
十和田奥入瀬観光機構


理事長 

小野田金司 様

企業紹介

十和田奥入瀬観光機構 様は、大手運輸・旅行関係企業や地元の産業団体、金融機関など多くの関係者によって2019年3月に設立されました。「稼いで潤う」観光地域づくりの舵取り役として、十和田奥入瀬地域の観光振興を一体的に担っており、2020年1月には、日本版DMOとして観光庁から登録されました。

求める人材はどんな方でしたか?
日本人か、外国人か、ということは重要ではなく即戦力になる方を探していました。

 

旅行業を開始する予定があったので、旅行業の企画、運営や、マーケティングを担当してくれる即戦力になる方を探していました。やる気があって優秀な方であれば、日本人か、外国人か、ということは特に重要ではありませんでしたね。

どういう人が地方のDMOで働くのに向いていますか?
外から来た人の方が地方の魅力に気付いてくれて、役に立ってくれるようなところがありますね。

 

地方は都市圏と違って、地域コミュニティを大切にしますが、よそ者が馴染むのには時間がかかります。空気を読んで人の顔色をうかがうようなタイプだと気が病んでしてしまうところもあると思います。なので、臆することなくコミュニティに入っていき、古い慣習にとらわれずに新しいことにばりばりチャレンジできるような方が向いていると思います。今回採用したのは台湾出身の日本に帰化した方ですが、まさにそういうタイプの方ですね。また、観光というのは地元の人間よりも外から来た人の方が案外魅力に気づいてくれて、役に立ってくれるようなところもありますね。

採用課題はありましたか?
地方での採用活動で一番大変なのは人材の確保です。

 

地方での採用活動において、一番大変なのは人材の確保ですね。都市圏と違って地方は人材確保が困難です。東京での採用活動なら派遣会社に頼めばすぐに条件に見合う人材のリストが出てきますが、地方では派遣会社もありませんので、なかなかそのようにはいきませんね。

採用活動で工夫された点があれば教えてください。
面接は全てオンライン。内定後は十和田まで職場体験に来てもらいました。

 

採用活動を行っていたのが緊急事態宣言中だったので、面接については全てオンラインで行いましたね。実際に話さないと分からない部分もあるので、求める条件に多少満たない場合でも面接を行い、たくさんの方とお話しました。その結果、やまとごころキャリアで良い方と巡り合えたので内定を出したのですが、十和田は彼女が住んでいた東京とはかなり環境が異なるので、実際に十和田に住んで働いてくれるのかという不安がありました。また、職場の雰囲気など言葉では伝わらない部分もあると思うので、内定の承諾をいただく前に2、3日十和田に滞在していただき、職場体験のようなかたちで、どういう業務をやることになるかも確認していただき、最終判断を任せました。また、入社に伴い十和田に引っ越してきてもらう必要があったので、移住を支援するため赴任旅費を支給させていただきました。

採用の決め手について教えてください。
旅行業に携わりたいという思いが強く、ITスキルが高かったのが採用の決め手です。

 

今回採用したのは、台湾出身の日本に帰化した40代女性の方です。観光業の経験はなかったのですが、「十和田で観光業をしたい!」という情熱を感じました。また、通訳ガイドや、旅行業の資格も持っていて、勉強熱心な方でした。旅行や冬のアクティビティも好きで、これまでのキャリアを捨ててでも観光業に転身したいという思いが強い方だなと感じましたね。IT企業出身だったので、そちらのスキルも期待していました。

入社後、どんな仕事をされているか教えてください。
まだ入社して二か月ほどですが、今ではIT関連は全て彼女におまかせの状態です。

 

システムエンジニアの経験や、デジタルマーケティングの知識がある方だったので、まずは旅行商品を扱うオンラインショップのシステム構築をしてもらい、現在はアプリ開発やデジタルマーケティング、旅行商品の販売をやってもらっています。まだ入社して二か月ほどですが、非常にスキルのある方なので、今ではIT関連は全て彼女に全ておまかせの状態ですね。今まで知らなかったシステムも導入してくれてすごく助かっています。また、ワーケーションの環境整備や、地域の来訪者調査もやってもらっていますね。

やまとごころキャリアを使っていただいた感想を教えてください。
国際感覚があり、観光に対して強い思いを持っている応募者の方が多い印象を受けました。

 

他の媒体等と比較すると、圧倒的に外国籍の方が多いですね。中国や、台湾、韓国など東アジア諸国の方だけではなく、かなり幅広い国籍の方から応募がありました。日本語力が高く、モチベーションも高い方が多かったですね。日本人の方についても、やまとごころキャリアからの応募者は、国際感覚があり、観光に対して強い思いを持っている方が多かったように思います。おそらく、やまとごころキャリアを知っているという時点で、インバウンドに興味のある人、普段から観光にアンテナを張っている人なので、普通の求人媒体とはまったく性質が異なるということなのでしょうね。旅行業やマーケティングの経験がある方も多かったのですが、それ以外でも様々な経験をお持ちの方からの応募があり、色々な方向から検討することができました。また、やまとごころキャリアのスタッフにも求人情報の改善面などでサポートをしていただき感謝しています。

>やまとごころキャリア

やまとごころキャリア

〒136-0071
東京都江東区亀戸7-24-5
TEL: 0120-915-249

営業時間
9:00〜18:00 土・日・祝日、年末年始を除く

CTR IMG